読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまゆら もあぐれっしぶ7話 感想

7話
ついに、みんなで来たよ!なので

タイトル通り、汐入回

ちひろちゃんが一番よく描かれている回だと思う
楓ちゃんとしては、和馬さんのことで悲しい気持ちになってしまう自分がまだいるのでは、と心配する気持ちがあることも読み取れる

さよみさんがパン丸で働いたお賃金で復活したさよみカー登場
この時さりげなくももねこ様乗り込んでるけど、考えてみるとこの後

さりげにももねこ様乗り込んでるけど、この後さよみさん16時間くらい運転してるんだよな
その間ずっとももねこ様ずっと大人しくしてたのか
猫だからそれくらい寝るのちょろいんだろうか
だけど皆が16時間の間ずっと寝てたことにして道中端折るさすがにちょっと無理あるでしょ(笑)
寝るっつっても車の中だから体バキバキでしょうに
さよみさん半日以上運転してるはずなのに到着した後も元気すぎ
でもその理由っぽいのはこの後わかることに

ちひろちゃんのお出迎え~
このちひろちゃんの家の住宅街って横須賀のどのへんなんだろう、調べてもなかなか出てこなくて巡礼ができなかったんだけど
そうは言ってもけっこう凝った背景だしどこかしらモデルがあるとは思うんだけど
ともちゃん首だけで初登場、なんかゆっくりしていってね!のアレみたい
質問魔を我慢してるせいか微妙にしおらしい姿も新鮮
特にさよみさんに迫られてちひろちゃんの後ろに隠れるとことかかわいすぎ
質問魔していいってわかった時に光り輝くちひろちゃんもかわいい
てかテーブルにともちゃんの爆乳乗ってるのめっちゃ見てしまう
最初このともちゃんのシーン見た時はもしかしてともちゃん意外と人見知りとかなのかなと思ったけど、何回か見るうちにともちゃんは質問魔する相手を選んでるんだという結論に至った

横須賀散策~
別にこの回に限った話じゃないけどこの辺の町並みの描写は凄い完璧
家とかですらそのまんま描かれてるからね
この散策と同じルートで歩くのもなかなか楽しい
ドブ板通り→坂本町あたり横須賀に戻ってヴェルニー公園、ていうルートかな
竹原と違って関東からほどよく近いし何度か横須賀行ってるけど、やっぱ実際足運んだことある町がアニメになってるの見るとより不思議な気分が味わえる

ヴェルニー公園での会話~
さよみさんが写真撮るとシャッターチャンスが勝手に飛び込んでくるっていうチートスキルが久々に発揮される
まぁ写真が重要なアニメなのに、近しい人がチートスキル発揮しまくってたら締まらないわな笑
このともちゃんが楓ちゃんにゆっくり話しかけるとこ良すぎ、そして気を使ってゆっくりゆっくり質問するんだよね
ここは楓ちゃんに気を使ってるだけじゃなくてちひろちゃんから色々楓ちゃんのこと聞いたんだろうっていうのがわかったりして、なかなか深い
にしても楓ちゃんの中で和馬さんの思い出が止まらなくなったらどうなるかわからないかもっていう懸念はあったのか
個人的にこれは意外に思った
というのも、まず竹原に行く時はそういった描写がなかったというのと既に和馬さんの思い出は楽しいものに完全に変わっていて、それは汐入という場所でも変わらないと思ってたので
ただそうはいっても久々に帰る故郷に触れたらどうなるか、ていうのは確かにあるよなぁ

浦賀に移動~
いつのまにやら皆浴衣に衣替え
ともちゃんの浴衣かわいすぎわロタ!!!!!
ちひろちゃんの回想シーンと今のちひろちゃん比較すると、作画もあるだろうけどなんか大人びて見える
作中通して心身ともに一番大人っぽくなったのやっぱちひろちゃんだと思うんだよね、憧のあの頼もしいちひろちゃんとか
叶神社は名前的にかなえ先輩にも来てほしかったと、この話見た人の99.9%が思ったはずである
この渡し船は実際に乗ると風が気持ちよくてなかなか良い

線香花火大会~
この準々決勝の回想でチラっと見える楓ちゃんの対戦相手絶対香ちゃんだよね笑
実はあんまり落ち着きなさそうな香ちゃんが優勝していたという説
ここで強引に皆を大会に参加させちゃうさよみさん、そもそもこの回のさよみさんは一晩中運転した疲れを見せないためにやたら元気に振舞ってたものの夜には疲れ果てて寝ちゃう、という流れなんだけど、それ踏まえて見ると確かにこの回のさよみさんは全体的にいつもより押しが強くて強引さが際立ってると思う
大会の参加名、なぜかともちゃんだけ本名じゃない ハンドルネームか ともちゃん@なんたらみたいな
準々決勝の相手の子小学生っぽく見えるけど比較すると楓ちゃんも小学生っぽく見える
この線香花火に目を向けてシャッター音で和馬さんを思い出すとこ、ヴェルニー公園での会話と繋がってて尊い
思い出が溢れたらどうなるかわからない、と楓ちゃんは少し危機感を持っていたけどいざ溢れてみたらこんなにも温かい思い出なんだな、と

打ち上げ花火~
ここで楓ちゃんがローライを見つめながらゆっくりと前向きな話をするんだよね
和馬さんの見た景色も、新しい思い出も、全部ローライでこそ撮りたいと
ここで「写真を撮りたい」だけでなく「このカメラで」とついているのはポイントかも?
ちひろちゃんから色々聞いてたであろうともちゃんが、一番和馬さんに会いたそうにしてるとこが良い

Cパート
ももねこ様この後どうやって帰ったんだろう
楓ちゃんたちが捕まえて車に乗せたんだろうか

16/03/02追記

Marbleのつつまれて、父への思いを綴る歌だったのか

ameblo.jp

楓ちゃんが和馬さんとの思い出をかみ締めながらこれからについて語るこのシーンにぴったりだ