読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまんちゅ12話 感想

ピカデリーで見た感覚を踏まえてテレビ放映見ながら感想殴り書きしてるのでピカデリーの話とかまじってます

【総評】
最終回に相応しい演出が色々詰まってたなぁと思う
初回との対比や回想、語られなかった今までの行動原理等々・・
良さしかない


【アバン】
もうこの開幕のbgmがいい
この曲サントラで聞き覚えないんだよな
寝てるぴかりと姉ちゃんに挟まれたい
そして白目むいて寝る弟君・・笑

【Aパート】

・大瀬崎到着~
双子組はしっかり眠そう
聖地・大瀬崎 変換だと「おおせざき」て打たないと出なかった・・
調べたらマジでダイビングの聖地みたいだ
ぴかりの髪のボリューム、やっぱり回ごとに増えてる=髪が伸びてる
水着の下にダイビングスーツ着るもんなのか

・準備~
何食わぬ顔で大荷物を運ぶてこさん 成長を感じる
レッツラゴー!ちゃ!のとこピカデリーでやった久保ユリカのちゃ顧問語クイズ思い出してちょっと笑う
回を重ねるごとに人語を理解した動きが増えていく
今日の真斗先生も私服が性的!!!
てかショートパンツがやけに性的
他の先生たちは真斗先生かわいいから協力してるのではと見えてしまう
この人らいつから待ってたの?
頑張ってる生徒と(真斗先生と)一緒に楽しみたいだけですから!にきこえる(バカ)
ちゃ顧問とお姫仲良くなりすぎだろ

大荷物抱えて楽々~~とか言っちゃうてこさん マジで成長したなあ泣
初の海へのダイビングに向けて怖さよりわくわくの方が大きいって発言もやはり本当に最初と比べて変わったな~~てことなる
お姫めっちゃくしゃみしてるけどほんとに風邪なんかな

そうそう、さっと海が出てくるけどこの海の描写描写ピカデリーで見るとヤバかったんだよな
遠景の時点でヤバかった
この二人のバディチェックこういう割愛の仕方あるのか!!!てなった
バディチェックの真似してるちゃ顧問がいい
てかもはや人語やん笑
少し歩いてからフィンつけましょ~~って言ってて気付いたけどこれ地面でつけられないんだなぁ不思議
実際の構造今度調べてみたい
でもそれが逆にてこぴかりの物理的距離を縮めててよりバディっぽさを演出している

・海~
しつこいけど海が綺麗すぎる
これピカデリーで見た時の迫力すごかた、誇張抜きでここ海の中かよってなった
ピカデリーもそれなりに音響とか力入ってるからな
イントロでわからんかったけど、ターコイズこんなだったかな?
と思って後で聞き比べたけどやっぱイントロだけちょっと違うみたいだった
なんという"""粋"""な計らい・・
この光が海に吸い込まれるシーン、ピカデリーで見たときの迫力がほんとしつこいけどヤバいとしか言えなかった 語彙力2ぐらいしかなくなった

だけど休憩のとこで、この海に対してただわくわくしてるだけじゃなく初心者としての怖さもしっかり描写してるのがあまんちゅらしい
このフィン拾ってくれた人イケメンすぎ
てか弟くん除いた男性キャラでモブ顔じゃないのもしやこの人だけなんじゃ・・
この海から見上げるシーン見て、小さな画面で見てもあまんちゅの海描写はすげぇなぁと感じた
かなり綺麗
ダイバーがいまくる海ってこう酸素柱?みたいなできるんだな。。
この見つめあって海の下にいくのが綺麗すぎる

【Bパート】
ただのモブだと思ってた先生方が思ってたより出番あった だけどモブ顔
焼きそばくいてぇ

・ダイビング~
どっちが上か下かわからなくなるとこ、てこ目回しとるやん
海面の絵やっば!!!
この辺はただひたすら絵と音楽の調和がヤバいとしか言いようがない
真斗先生がてこに話しかけるとこ、そういう形で意思疎通するんだ!てなった

・海面での実践~
マーヤ!!!!
ミリオンクラウずのカップリングだとDIVEがくるかと思っちゃってたけど、改めて調べたらあれ昔の曲のセルフアレンジ?的なやつだったみたいだ
一通り実践とか泳いでるのとか見ると、率直に言ってダイビングまじで楽しそうってなる
泳げないけど
この海中での回想はやはりいかにも最終回らしい演出で良い
終始作画の凄さにビックリする
海から上がる時に、またねて言うのがいいなぁ~~マジで 未来を感じさせる
あとダイビングスーツと水着姿が交互に変わる演出好き

・海上がったとこ~
海上がっててこがめっちゃ喋ってるの見て11話後半でてこがぴかりに話しかけたシーン思い出したけど実は打ち解けた相手に対してはぴかりよりてこのが饒舌なのではと思った 初対面のイメージ的にぴかりのがしゃべるイメージあるけど
てこ携帯打つのはやww学校へいこうに出てたコギャルか
この携帯いじってるとこ、暗い顔で海の前にいるのに海見ずに携帯いじってた初回とうまく対比になってるなぁ

海洋実習の結果海中で出てると思ってた
何はともあれ合格おめでとおおおおおお
背景の人まで祝福してんのがいい
言わないつもりだった恥ずかしいセリフがいつの間にか口に出ちゃうてこさん やっぱ実は饒舌なんじゃこの人

・夕焼けの海岸のシーン~
ここすごくよかった
ぴかりの一話からの本当の気持ちが語られる
正直、友達も言ってたし俺も思ったんだけどぴかりアスペじゃね?て思ってたんだよね笑
ヤベェなこいつ・・みたいな
けど自分についてはやっぱりわかってて、少なからずそれで上手くいってなかったこともあったんだなと・・
ここまでぴかりはひたすらに明るくててこ視点だとダイビング的にも性格的にも頼りになる子という見え方だったんだけど、本当は繊細というか、ただのアスペ(笑)でもなんでもなく、ただ好きなモノ・コト・ヒトへ真っ直ぐなだけなんだなと
相当泣ける
だけどてこが勝手に決めちゃうカウンターするとこが感慨深い
なんだか、このシーンで本当に二人がバディになったような気がする

最後はお婆様のセリフでしっかり締める
神。