読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまゆらひととせ4話 感想

祝・大崎下島初登場回
基本的に麻音の故郷として扱われる場所だけど、和馬さんの生まれ故郷だったりこまちの婆ちゃんが住んでたり四人が一同に会してたことがあったりと地味に縁のある土地
和馬さん絡みで何か大崎下島と絡めてその辺掘り下げた話とかあったら面白そうだなと思う

 
麻音が住んでるアパートの大家さんは見る限り麻音と縁のある人っぽいんだけどどんな関係なんだろうなぁ
あるいは単に麻音が一人暮らしするにあたってお父さんお母さんがたまたまあのアパート見つけて話すうちに厚意にしてもらったとか?
後に麻音の朗読劇見に行ってお父さんの近くにいたりとかするし何かしらきっと縁があるにちがいない

大崎下島上陸シーン
別に大崎下島に限ったことじゃないけどやっぱり行ったことある場所だとその場所見て「ウオーー大長見覚えある~そっからけっこう地味に歩いた~~」とかなって良い
そして地図でナビゲートするこうたん、やはり皆でいるとデキる子 てか後々猪退治したりとかして割と楓ちゃんより頼りになる描写多い気がする笑
それにしても楓ちゃんの麻音両親への挨拶見ると、楓ちゃんは知らない人相手だとすぐまともに喋れなくなってたのに憧あたりではそんなこともなくなったなぁと改めて成長したなぁとか思ってしまった オッサンだ
 
大崎下島歩くシーン
しみじみ思うが、たまゆらで一番ボケとツッコミが冴え渡ってるのはやっぱりのりえとかおたんだなと思う、中の人ネタか?
魔法少女かおたんを一度でいいから見てぇ…
時計屋のシーンで、のりえが例のごとく騒いでるけど、軽トラのプップー音聞いて何がプップーじゃお芋の軽トラかーいとか突っ込んでるの謎すぎてめっちゃ笑う
 
お爺ちゃんと酒屋登場
たぶんってか絶対この酒屋さんが憧でちょっと話に出た酒屋のケンちゃんで間違いなかろう
てか絶対この時の担当声優が鈴村健一だったからケンちゃんにしたでしょ、絶対感じ書くと「健ちゃん」でしょ
また出てきてほしい
おじいちゃんが初対面のかおたんら相手にめっちゃ緊張しちゃうシーン見て最初はもしかして和馬さんも初対面の人苦手?と思ったけどその後知る和馬さんのエピソード見る限りはたぶん和馬さんには受け継がれてなくて、楓ちゃんに隔世遺伝してるくさいよね
向島までの短いフェリーの間で意気投合とかさすがにこのお爺ちゃんに似てたら難しいでしょう・・
 
旅行に来てる女子大生をもてなすシーン、たまゆらには珍しく優しさを遮るシーンだと思う
色々考えたけど、このお爺ちゃんのセリフはもてなす気持ちがないまま麻音の仕事を一部だけ手伝っちゃダメで、旅館の仕事はそういう気持ちがしっかりした人がやるべきってある意味少し厳しく説いたんじゃないかなと思った
てかこの女の子集団普通に可愛い、パワー入ってる
 
たまゆら恒例のメシシーン
てかこの皿なごみ亭で実際に見れた
あなご飯は控えめに言って神

f:id:taisa_llma:20151101130106j:plain

f:id:taisa_llma:20151101130106j:plain

 
麻音の将来について
この時から既に麻音は「両親が旅館を守っている」という認識を持ってる 偉い
お客さんをもてなしたいという気持ちを持っていることもお父さんお母さんにもよくわかるみたいだ
そして原画儀武ゆう子が炸裂
麻音の夢はどんなものでも応援すると言ってるし、もしかして本当にぬいぐるみとかマジシャンの服とか色々買ってたんだろうか めっちゃ親バカだ笑
だけど経済学ってどうやって形から入るのか・・白衣でも買うつもりだろうかw
 
最後の写真良さしかねぇ…
そしてエンディングクレジットの儀武ゆう子でめっちゃ笑いながら、最後のお笑い芸人のくだりは中の人が半ば達成してるよなーwwとヘラヘラできる 良い回だ