読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分用メモ

音楽ゲームの上達の仕方


上達といっても何をもって上達と言えるかが微妙なところだけど、とりあえず「昨日の自分ができなかったことが今日の自分はできる」というのを成し遂げた時ということにしておく

そしてビートマニアでいえばクリア(ランプの向上)スコア(数字の向上)が代表的だが、恐らく両方に応用できると思われる
ただし、びっくりするくらい当たり前のことだとは思う


大まかな流れは
① (大きな)目標を決める
② 目標のために必要な要素を検討する
③ ②で特定した必要な要素を取得できる練習を行う
④ ③が正しければ結果が出る

これを自分が穴冥のスコア向上のためにした練習であてはめると

①「穴冥AAA」という目標を設定
②BPM200の16分が光っていない(低速以外の部分)ことに気付いたため、BPM200の16分を光らせるための練習方法を考案
③自分は「同じ曲を何度もやると集中力が落ち、惰性になり効率が悪い」という特性を持っていることが経験上わかっていたため似た譜面傾向を色んな曲でできる練習方法を実施
 具体的には発狂譜面星10以上相当のBPM180以上の譜面を多数(★10〜15相当のものを各30譜面以上)集め、AAA埋め
④半年で冥のスコアが100点向上


重要なのは「練習方法」ではなく「自身にとって最適な練習方法を考える」思考力や経験だと思う
自身は何をすると集中力を損なうか、そういったことがわかっている上で集中力を損なうスイッチに触れない練習をする
だから音楽ゲーム全くやったことないみたいな人とか始まったばっかの音楽ゲームとかにはたぶんあてはまらない

自身にとっての「効率が悪くなる要素」を徹底的に排除した結果残った方法をもって練習する
バカバカしいくらい当たり前のことだが、これを音楽ゲーム、しかもビートマニア以外で実行できたことがない



他のことにも応用できればと思う一方で、そこまでして達成したいこともないというのが人生のままならなさを感じる
オチはない