読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のツイッターの使い方を整理してみる

他人を無駄に不安にさせる発言は控えたいと思ってる
たとえば不特定多数への攻撃的発言とか
見てる人に「自分のことか・・」と不安にさせるようなことばっか言ってればそれは「この人は自分を嫌ってる」と思われるだろうし嫌われてるとわかってるのに付き合い続けようなんて人はそういなくて、つまり絶対自分から人が離れて行って面倒になる
まぁ自分の中で「こんなヤツには別に嫌われてもいい」って人もいるからそういう対象への攻撃的発言はこの限りではないけどなるべく「自分のことを責めてるのか・・」と無駄に不安にさせるような発言は控えてる

あとは嫌いなものの発言も控えてるつもりだ
たとえばおれが嫌いな趣味とかでも、その趣味が好きな人だって当然いるし、その趣味を否定されればあまりいい気持ちをしないのは当然だろう
おれはものについて嫌いだと言ってるだけなのに、それがきっかけで自分の評価が下がるってのもアホくさい


まとめるとおれって他人から良く見られたい欲求が強いんじゃないかと思う
いや誰だって他人から良くは見られたいだろうけど、こうやって文章にしてみると人よりその気持ちが強いような、そんな気がする
「少しバカなこと言ったりするけど他人を無闇に傷つけたりしないし嫌いなものもそんなにない、心が広い良いヤツ」だと思われたいんじゃなかろうか
実際には「ムカつくヤツがいればそいつを名指してけなしたいし嫌いなものもめっちゃあるしとどのつまり心が狭い暗いヤツ」だから、せめてツイターではそういう部分は隠して自分の中でのマシだと思ってる部分だけを出したがっている
そんな使い方してるから、ツイッターでの自分が他人からどう思われてるのか気になって気になって仕方ない
またツイッターでの自分と現実の自分の違いが人にはどう見えているのかも気になって仕方ない
自分の内面で悪いとは思ってない部分だけを出しているつもりのツイッターの自分が否定されたらどう感じるんだろうか

ごちゃごちゃ書いたけどこれたぶん自分の黒い感情の部分だけ分離して化け物作り出しちゃうみたいなキャラがクローズアップされたアニメ見た影響で多少大げさに書いてるわ絶対
人からしたら当たり前なことをさも新発見みたいに書いてるに違いない
でも思考はちょっとまとまった気がするしたまにはカタカタ文章打ち込むのもよい